随分ご無沙汰だなぁ・・・。

随分ご無沙汰と言えば、カラオケ・・。随分などというレベルではなく、もう10年くらい行っていない・・。

元々それほど嫌いってことはなかったように思うのだが。

でも、一般的に、最も行くのって10代、20代の頃じゃないかなぁ・・

バイト仲間と一緒に、学生仲間と一緒に仕事仲間と一緒に・・など。

で、要素として、異性というのが大きく影響していると思う。

最近は一人カラオケも流行っているみたいだけど、基本的に歌っても誰にも聞いてもらえないのってつまらないですよね。カラオケ 上達のための練習の場と言う人も多いみたいですよ。

やはり、異性を意識するということがあってこそ、カラオケの楽しさがあるのではないのか?

と思うわけなのです。

だから、今の私のように、もう結婚してて・・となると、カラオケは卒業のような感じがするんですよね。

今、人から誘われても、露骨に嫌がってしまうような気がする。

とはいえ、私自身、カラオケが好きで良く行っていたときでも、行く前は気がのらなくて・・でも一曲歌うと楽しくなってくるという感じでしたが。

もしかしたら、今でもそうなのかもしれませんけど。